資産購入時の諸経費は、経費にできるのか?

減価償却資産の取得価額には、購入代金のほか、購入に要した諸費用や稼働するため直接要した費用も含まれます。

ただし、費用として処理できるものもあります。

自動車取得税

不動産取得税

登録免許税など登記や登録のために要した費用

などです。

なので、減価償却資産を購入したときは、支払った金額をすべて資産に計上するのではなく、見積書や請求書をよく見て経費処理できるものがないかどうかをよ~くチェックしてください。

自動車を購入したときは、本体および本体と一体に利用するもの以外は費用として処理できます。

自動車取得税、自動車重量税、登録費用、自賠責保険、納車費用、自動車税などは経費処理できますね。

リサイクル預託金は前払費用で、費用処理はできません。

土地建物を取得したときにかかる登録免許税、司法書士報酬、不動産取得税なども経費処理できます。


この記事は参考になりましたか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 投票, 平均値/最大値: 3.25 / 5)
Loading ... Loading ...

税理士 廣瀬 真理

略歴: 証券会社に勤務した際会計の面白さを知るが、結婚退職。 その後、夫との死別を機に税理士を目指して勉強を始める。 平成20年1月税理士法人フューチャースケープ設立に参画し、フューチャースケープアカウンティングファーム共同代表に就任。