さぶろく? 三六協定とは?

「三六(サブロク)協定」とは、労働基準法第36条に基づく協定のことです。第36条なのでこう呼ばれています。

社員を採用するときに、労働契約書や労働条件通知書の中に「残業・休日出勤あり」と書いている会社が多いと思いますが、労働契約書や労働条件通知書に書いているだけで残業や休日出勤をさせることは違法です。

社員に残業や休日出勤をさせるためには「時間外及び休日労働に関する協定」を社員と交わし、なおかつ、これを管轄の労働基準監督署に提出してはじめて、残業や休日出勤を命じることができます。

<記載しなければいけないこと>

l  時間外労働をさせる必要のある具体的事由

l  時間外労働をさせる必要のある業務の種類

l  時間外労働をさせる必要のある労働者の数

l  1日について延長することができる時間

l  1日を超える一定の期間について延長することができる時間

l  有効期間(1年間となっているか)

<協定の当事者に必要な要件>

l  労働者の過半数で組織する労働組合がある場合は、その労働組合であること

l  労働者の過半数で組織する労働組合がない場合には、次のいずれにも該当する者であること

1    監督または管理の地位にある者でないこと

2    労使協定の締結等をする者を選出することを明らかにして実施される投票、挙手等の方法による手続きにより選出された者であること

*詳細は社会保険労務士にご相談ください


この記事は参考になりましたか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 投票, 平均値/最大値: 4.60 / 5)
Loading ... Loading ...

社会保険労務士 栗原 恵子

略歴: 神奈川県茅ヶ崎市出身 平成19年栗原社会保険労務士事務所開業 平成21年6月社会保険労務士法人あすら設立 代表社員 上場企業で労働組合執行委員を経験、また、中小企業で経理・総務部に勤務する。 長年の経験を生かし、企業の『人』に関する問題にきめ細やかなサービスを心がけている。