老齢年金とは?

年金をもらうのはまだまだ先のこと・・・と思っていませんか?年金の給付には、老齢年金、障害年金、遺族年金があり、なかでも老齢年金は老後の生活を支える上でとても大切なものです。

加入制度はさまざま

公的年金制度は大きく3つに分かれています。最初に「国民年金」です。

これは日本国内に住む20歳から60歳まですべての人が加入するものです。

そして会社員などが加入する「厚生年金」、公務員などが加入する「共済年金」があります。

さらに、国民年金は3つに分かれています。自営業者や学生が加入するものを「第1号」、厚生年金や共済年金に加入している人は国民年金にも同時に加入していて「第2号」といいます。そして、第2号の人に扶養されている配偶者を「第3号」といいます。

年金は2階建て

給付を受ける際は、国民年金にもとづくものはすべての年金の基礎となることから「基礎年金」と呼ばれ、図のように1階部分として支給されます。

厚生年金や共済年金にもとづくものが2階部分になります。

厚生年金

共済年金

国民年金(基礎年金)

自営業者など

会社員の

配偶者など

会社員など

公務員など

老齢年金はいつからもらえる?

老齢年金をもらうには、原則として国民年金や厚生年など合わせて25年以上の加入期間が必要です。

年金額は、基礎年金が保険料を納付した月数に応じて、厚生年金が報酬額と加入月数に応じて決まります。

老齢年金の支給開始は原則として65歳です。ただし、以前は60歳から支給されて、法律の改正により65歳まで引き上げられたことから、厚生年金に1年以上加入していた人は、経過措置として古い法律にもとづく給付が65歳以前から受給できます。これを「特別支給の老齢厚生年金」といいます。なお、生年月日により、徐々に支給開始年齢が65歳へ引き上げられています。

早くもらうと年金が減る?

一方、国民年金でも、本来の受給開始年齢である65歳より前から受給を開始(繰り上げ)したり、66歳以降に遅らせる(繰り下げ)ことができます。ただし、繰り上げをすると、早く受け取るほど年金は多く減額され、生涯減額した年金が支給されます。逆に、繰り下げをすると、遅く受け取るほど増額した年金を生涯受け取ることができます。

「国民年金の繰り上げ」と「特別支給の老齢厚生年金」を混同している人が多いですが、特別支給の老齢厚生年金は、受給しても年金額は減額されません。申請しないと時効(5年)により年金の権利が消滅してしまうので、よく確認してみましょう。


タグ:

,

この記事は参考になりましたか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (7 投票, 平均値/最大値: 4.71 / 5)
Loading ... Loading ...

社会保険労務士 栗原 恵子

略歴: 神奈川県茅ヶ崎市出身 平成19年栗原社会保険労務士事務所開業 平成21年6月社会保険労務士法人あすら設立 代表社員 上場企業で労働組合執行委員を経験、また、中小企業で経理・総務部に勤務する。 長年の経験を生かし、企業の『人』に関する問題にきめ細やかなサービスを心がけている。