商標登録しなかった場合のリスク

もしあなたが、他人の登録商標と同じ(又は類似した)商標を使用している場合には、差止請求や損害賠償請求をされる可能性があります。この場合あなたは、それまで使用していた商標を変更しなければなりません。

これはつまり、商標に蓄積されてきたあなたの商品やサービスに対する信用がリセットされ、新たな商標を用いて信用を取り戻す努力が必要になることを意味します。そればかりでなく、カタログ、パッケージ、看板等を変更・撤去しなければならず、相当な費用もかかることになります。

ずっと使用している商標だから大丈夫?

うちの商標はずっと使い続けてきて、ある程度認知されているから、真似されても心配はない!とお考えの方もいるかもしれません。

しかし、あなたがその商標を登録していなければ、他の誰かがあなたの商標を真似て先に登録を受けてしまう危険性があります。商標権は先に出願し登録した者勝ちなのです。

もちろん、先に使用していたあなたの商標の知名度が高ければ(周知性があれば)、他人に商標権が発生しても、継続して使用することができる場合もあります。

しかし、継続使用の要件である「周知性」の立証はあなたが行わなければならず、負担を強いられるのが現状です。また、“あなたの商標使用も認められる”というだけで、“他人(商標権者)がその商標を使用できなくなる”わけではありません。

商号を登記しているから大丈夫?

会社名は登記することができます。しかし、あなたが商号として登記している名前でも、別の誰かが商標として登録することは可能です。

もし、あなたの会社と同じ会社名が商標登録されると、その会社名を自由には使用することができなくなります。場合によっては会社名を変更せざるを得ません。

近隣で同じ商標を使用する可能性は低いから大丈夫?

インターネットが普及した現代、思いも寄らぬ所から権利侵害の警告を受ける可能性があります。特に、ホームページで商品を取り扱っている事業者は、そのような警告を受ける危険性が高いと言えるでしょう。

このように、商標登録をしておかないと、

これまで安心して使用してきた商標がある日突然使用できなくなる!

というリスクを常に抱えていることになります。そのため、「侵害警告等を受けた場合には商標変更もやむを得ない」「取引の実状からみて商標はさほど重要ではない」というような場合を除いては、商標登録をしておいたほうが良いといえるでしょう。


タグ:

この記事は参考になりましたか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 投票, 平均値/最大値: 4.50 / 5)
Loading ... Loading ...

弁理士 奥田 律次

略歴: 1974年生まれ、三重県鈴鹿市出身。 早稲田大学大学院 理工学研究科(材料工学専攻)修了 都内特許事務所勤務を経て、三井物産ナノテク子会社 知的財産事業部門勤務。 カーボンナノチューブ、ナノインプリント等の知財戦略に従事 2003年に弁理士の資格を取得し、2004年に独立開業 ベンチャー、中小企業の特許戦略支援を中心に活動 奥田国際特許事務所 弁理士 奥田 律次(okuda-pat@chienone.com) 〒302-0110茨城県守谷市百合ヶ丘1-2354-430 TEL:0297-38-4451, FAX:0297-38-4452 URL:http://www.chienone.com/